癖のない字が書きたい、名前をきれいに書きたい、大人な字に憧れる、字の勉強がしたい。一緒に勉強していきましょう★

書は宝物

ひらがな編

ひらがなを上手に書くコツ は行~ま行 1文字ずつ解説します!

更新日:

さて、ひらがなが半分くらいまできました。

今回は、は行から始めていきます★

きれいに見えるひらがなを書くコツ

ここまで順を追って読んで下さったらもう、気づいているかもしれません。

ひらがなに、直線や角ばったところはほとんどありません。

なぜならば、ひらがなは、漢字をぐにゃぐにゃにさせたもの だからです。

ですから、丸く、やわらかく書く事が大切なのです。

 

そのことを、もう一度考えながら、ひらがなの練習をしていきましょう★

 

は行 ば行

は行のもとになった漢字はこちらです。

この字を頭の中に思い浮かべながら書きましょう。

 

「は」は非常によく使う字だと思います。

文章で使わないことは ほぼないかと思います。きれいに書けると得ですので、しっかり練習しましょう。

 

「は」の1画目はサンズイの部分になります。

3個の点を結んでいくようなイメージで書きましょう。

 

「ほ」はニンベンの部分を使っています。

 

濁点の「ば行」です。

 

濁点は遠くに打ちます。

特に「へ」は近くに打っているのをよく見かけますが、遠くにスペースを広く使って打ちましょう。

 

ま行

ま行のもとになった漢字はこちらです。

 

この字を頭の中に思い浮かべながら書きましょう。

「む」という字は、「武」からきています。

最後の点の位置を見ると、1画目の横線よりも、上に点があります。

ですから、ひらがなの「む」も同じように、高い位置に打つようにしましょう。

はねてすぐの位置に点を打ってる字を見かけます。

上まではねてから、点を打つように書きましょう。

 

 

まとめ

次回で、ひらがなが終わる予定です。

ひらがなの特徴がだんだんわかってきてもらえてたら嬉しいです。

自分の好きな歌詞や、詩を、あえてひらがなだけで書いてみると、全然ちがった印象になります。

ひらがなは、感情を入れやすいと思います。

自分で、少しアレンジしたりして書くのも楽しいと思います。

少し時間が空いた時に、試してみてください★

→★ラスト!や行から

↓百合蔵と美句蔵をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村

-ひらがな編

Copyright© 書は宝物 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.