癖のない字が書きたい、名前をきれいに書きたい、大人な字に憧れる、字の勉強がしたい。一緒に勉強していきましょう★

書は宝物

年賀状

常識はずれな年賀状を書かないための最低限のルール5つ【表書き】

投稿日:

はじめに

1年の始まりの挨拶をする年賀状です。

気持ちの良い、きちんとした年賀状を書きたいものです。

恥ずかしい思いなど、したくありませんよね。

そこまで、慎重になる必要はないと思いますが、

一応、これだけは、というものを挙げていますので、参考にしてみてください。

年賀状の歴史

年賀状の歴史は平安時代まで遡ります。

同じ頃に、お世話になった人や、親戚同士で集まるといった、

年始の挨拶まわりも始まったといわれています。

一般的に普及したのは、明治時代。

年始の挨拶を書いた名刺を渡すようになりました。

家に行っていなかったら、玄関にある箱に挨拶入りの名刺を入れたそうです。

これが、年賀状の始まりと言われています。(諸説あり)

日本の伝統文化です。

今でも、年賀状は、平均すると、

国民一人に対して25枚以上の売り上げがあるそうです。

びっくりですよね。

メールや、ラインが主流かと思いきや、まだまだ、年賀状の文化はきちんと残っていました。

なんか少し、嬉しい気持ちになりました。

 

1年に1回、年の初めに、

心を込めた直筆のハガキを書く、というシンプルな習慣が、

ずっと残っていくといいな、と思っています。

百合蔵は、両親に年賀状を毎年送っています。

凝ったものではないですが、筆を取って挨拶を書きます。

残念ながら、返事はハガキではなく電話なのですが・・・・

「ありがとう!」と毎年言われます。

嬉しいもののようですよ★

お世話になった方に、簡単なあいさつ文だけでもいいので手で書いて

郵送してみてはいかがでしょうか☆

最低限のルールみたいな物がありますので、下記を参考にして書いてみてください。

今回は表書き(住所を書く方)の書き方です。

 

基本的なルール 5

表書きと裏書の書く文の向きをそろえる。

読み手の方が自然に読めるように、

両面同じ向きにしましょう。

縦書きならば、両面縦書きに。

住所は省略しないで書く

7桁の郵便番号だけでも届きますが、県名から書くのが常識とされています。

出来る限り分かる範囲で、マンション名、ビル名まで、

省かないで書くようにしましょう。

マンション名、ビル名は一回り小さく書きます。

縦書きの場合の数字は漢数字で書きます。

敬称は自分からみての立場

会社の社長であろうが、自分のお友達であれば、「様」を付けます。

敬称の書き方

山田太郎部長に送るときは、

×山田太郎部長様

○部長 山田太郎 様

 

御中は途中で使わない。

×百合蔵部 御中 部長 山田太郎様

○百合蔵部 部長 山田太郎様

○百合蔵部 御中

連名にする場合それぞれに敬称を付ける。

×太郎・花子 様

○太郎様 花子 様

 

住所を書く時のコツ(曲がらないように書く)

 長い住所を書いていると曲がってしまうこともあると思います。

縦書きの場合、右に曲がりやすくなります。

右手で書いているので、当然なのです。

曲がらないように心掛けても、曲がってしまうことはありますよね。

その場合のポイントです★

曲がった!と思っても、修正ができますので、

焦らなくても大丈夫ですが、早期発見が大事です。

集中すると、書いている字、一文字しか目に入らなくなってしまいます。

そして、何文字もどんどん書いてしまいます。

たくさん書いてからだと手遅れになりますので、

少し書いたら、手を止めて、曲がっていないか確認しましょう。

 

具体的に話しますと、

住所を書く場合、県で1回、市で1回というように、手を止めて、全体を見るようにします。

そうすれば、修正は可能です。

ハガキを無駄にすることはありませんし、やる気も損ないません!

住所に関しては、県名、市名の漢字の記事を上げていますので、

是非参考にしてみてください。→こちらこちらも

まとめ

そもそも、年賀状とは、お世話になった人、大切な人に向けて書くものです。

一番大切なのは、「丁寧に書く」事なのではないかなと思います。

裏面は凝ったデザインや、イラスト、写真等を使う場合でも、

表面は手書きで、心を込めて書くのがいいと思います。

その人の事を考えながら、お名前を書きましょう。

そして、誰から届いたのかなーと、差出人の所って絶対見ますよね。

相手の御名前、住所はもちろん丁寧に書きますが、自分の住所、名前も丁寧に書きましょう。

字は、その人の印象につながります!

癖のない、きれいな字で書けると印象UP!につながります。

名前を美文字

★住所を美文字

※それぞれの書き方の記事をカテゴリー分けしています。

 そちらも合わせて見てみてください。

 

1年に1回、筆を取って、ゆったりとした気持ちで、年賀状を書いてみてください☆

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-年賀状

Copyright© 書は宝物 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.