癖のない字が書きたい、名前をきれいに書きたい、大人な字に憧れる、字の勉強がしたい。一緒に勉強していきましょう★

書は宝物

美文字への道●コツ

●美文字道●漢字を上手な字に見せる方法たった1つ!これだけできれいな字に★

更新日:

はじめに

字が上手な人って、さらーっと書いてもきれいで、こなれた感じにみえますよね。

それは、ちゃんと、ポイントを押さえているからなんです。

今回はそのポイントのお話です。

なんとなく理解できれば、すぐに実用できて、大きな変化が出ます!

ちょっと、抽象的な説明になってしまう所もあると思いますが、なんとか、理解して欲しいです(>_<)!

 

ポイントはこれ★ ひとことでいうと・・・

字をこなれた感じで、大人っぽくしたければ、

字を「左に向かって歩きそうな感じに書く」ことです!

そんな事言われても、想像がつかないですよね。

では、説明していきます。

伝わるか若干不安もあるのですが、頑張ります!ほんとにこれを理解すると、字がかわっていくのです。伝わって欲しい!!

左向きとは?

例えば顔を、左向きに見せるには、どう書きますか?

真横ではなく、ななめ左を向かせる感じ。

字が、この向きになっていると、大人っぽい字になるのです★

猫が左側を見ています。

左を向いているように見せるには、右側の方をすっきりさせます。イラストの顔を見てください。右側がすっきりしていますよね。字もそれを意識して、少し「左寄り」に書いていきます。

例をあげてみます

右側をすっきりさせて、左側を向いているようにしたいので、横線を右側にはあえてつけていません。左側を少し窮屈に見せます。

 

なんとなく分かっていただけましたか?字の中心を真ん中ではなく、少しだけ、左側によせました。

 

歩いているとは?

 

なおかつ、歩いてるように見せたい。進んでいくように見せたい。動きが欲しいのです。

ポイントは「右上がり」にすることです。右上がりにすることで、左側に進みそうな感じに見えます。

但し、やりすぎ注意です。

癖字になってしまわないように、少しだけ斜め右上を目指して書きましょう。

全部を右上がりにしないで、最後は上がった分の帳尻を合わせるように書きます。

それと、生き生きとした感じ。

これは、うまく説明ができないのですが、はねるところは、しっかりはねたり、はらうところはしっかり、はらう。メリハリをつけて書くと、生きた元気がある字に近づくのではないかと思います。字がくたーーーっと疲れていないように、止め、はね、はらいをきちんと元気よく★

線が、よれよれしたり、右下がりになったりすると、字に元気がなくなってしまいます。

 

まとめ

大人っぽい、こなれた字だなーと思う字は、だいたい、左を向いています。

左に向かって歩きそうな感じ」になっています。

真正面を向いていてもいいのですが、右を向かないように注意しましょう。

右下がり、右向きの字は、ほとんどありません。そこは、気を付けて書くようにしてください。

 

ポイント①

字の中心線は、真ん中かすこしだけ左側になるように書く。

※逆にならないように注意

ずーーっと、左右対称に書くようにと、習ってきてましたよね。もちろんそれも間違えではありませんので、ご注意くださいね。ただ、マス目が無い物に字を書く時は、左右対称に書くのは難しいものです。なので、「左向き」と覚えておくと、書きやすくなります。

 

ポイント②

止め、はね、はらいはしっかりと。線、1本1本を生き生きと書く。

是非、今後、ノートや、書類に字を書く時、「左に向かってあるきそうな感じ」を思い出して、意識して書いてみてくださいね★

なんとなく伝わってくれたかなー・・・

伝わっていて欲しい(>_<)!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村

 

おすすめ記事⇒★字が上手に見える条件5個

-美文字への道●コツ

Copyright© 書は宝物 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.