癖のない字が書きたい、名前をきれいに書きたい、大人な字に憧れる、字の勉強がしたい。一緒に勉強していきましょう★

書は宝物

俳句で練習

俳句の書き方★手本付有意義な趣味時間を過ごす♥ペン字☆4

更新日:

こんにちは。

百合蔵と美句蔵です★

 

俳句などの意味がある物を書くと、気分が変わって楽しいです。

ただ、並んでいる字を練習するよりも楽しいと思いますので、趣味時間としても活用してもらえたら嬉しいです♪

はじめに

俳句もだんだん増えてきました。

好きな句が課題にあったら、ぜひぜひたくさん書き込んで、自分の物にして下さい★

書き込むことで、味が出てきて、こなれた感じが出てきて、そして、個性が出てきます。

書きこまなければ味は出ません。試行錯誤しながらいっぱい書いてみてください★

きっと素敵な作品になると思います★

 

今回の句について簡単な解説

今回の句は、

「不二ひとつ うつみのこして 若葉かな」

与謝蕪村が詠んだ句春の句です。「若葉」が季語になります。

訳すと、

富士山のふもとが一面の若葉に覆われた光景だ。
若葉はなおも繁茂しそうな勢いを感じさせる。

「不二」は富士山、「うづみ」は埋(ウズ)み。

画家でもあった蕪村らしい作品です。

 

■実践■練習■

このような感じになりました。

5、7、5で改行して書いています。

 

不二ひとつ

「不二」は富士山のことです。みなさん、富士山のイメージはどんな感じですか?大きくて強くて雄大な感じ?それともはかなくて美しい繊細な感じ??

自分が思う富士山をイメージしながら書いてください。

ここに関しては、うまい下手ではなく、印象に残る個性的な字で書いちゃってください★

 

うつみのこして

全部ひらがなの部分は、強弱でリズムを付けながら書きましょう。

ひらがなは、縦長の字もあれば、横長、丸っこい、平べったい・・・等いろいろあります。その特徴を強調させるように書くとかっこいいです★

 

若葉かな

「若葉」は、若々しい葉っぱをイメージします。元気でフレッシュな感じかな。ですので勢いが出るようなイメージで書きました☆

 

まとめ

基本的な書き方を覚えてきたら、一部を個性的に書いたりするとオリジナリティが出ます★

全部を個性で書くのはやはりプロとか、芸術家ではないと、なかなか難しかったりしますが、今回のように、「不二」の2文字は自分の好きな字で書く というように言葉を決めて書くのもいいですよ★

印象に残したい言葉を個性豊かに書きましょう♪

和歌(短歌)などもUPしていますので、いろいろな歌を練習してみてくださいね★

つぎはこちらへーーーー★↓↓

俳句でペン字練習★手本付★大人の趣味時間を持とう★5

百合蔵と美句蔵をよろしくお願いいたします↓↓

にほんブログ村

★百人一首もぜひ★↓↓

①百人一首と字の勉強★綺麗な字を書くために★手本付1・2番

-俳句で練習
-, , , , ,

Copyright© 書は宝物 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.