癖のない字が書きたい、名前をきれいに書きたい、大人な字に憧れる、字の勉強がしたい。一緒に勉強していきましょう★

書は宝物

俳句で練習

俳句を書いて心を豊かにしよう!字を書く練習を趣味にしよう!㉘

更新日:

こんにちは☆

百合蔵と美句蔵です。

 

今回は28回目。

1回目から順番に進めていっている方はもう27句も書いているんです。

たくさん書きました♪

百人一首の記事もありますので、合わせて練習してみてくださいね★

(カテゴリー分けしてあります★)

 

今回の句について簡単な解説

今回の句は、

雪とけて 村いっぱいの 子どもかな

小林一茶が詠んだ句です。

季語は「雪とけて」で春の句です。

雪どけの季節を迎えて、冬の間家に閉じこめられていた子供たちがいっせいに戸外に出て、村いっぱいに広がり遊んでいることだ…の意。

■実践■練習■

雪とけて 村いっぱいの 子どもかな

このような感じになりました。

5、7、5で改行して書いています。

最初の「雪」は、アメカンムリと「ヨ」の組み合わせの字です。この字は楷書と形の変化はそんなにないです。線をやわらかく書くのと、「ヨ」の横線を繋いで書いています。「とけて」は「と」を少し小さ目に書きます。「け」と「て」は、1つ1つの線をのびのびと書きましょう。

「村」は、キヘンと「寸」の組み合わせの字です。キヘンは行書では点を省略して書く事が多いです。左側の線を書いてそのままはねるように書いてツクリの「寸」に向かって行きます。「寸」は、ひとふでで書くようにペンをリズムよく書きましょう。

「いっぱいの」は、「い」を横長に書きます。「の」は少し小さ目に。「の」まで書き終わってから「ぱ」の○を書きましょう。ちなみにこの「ぱ」の「○」は、半濁音(はんだくおん)といいます。

「子」は、ひとふでで書きます。最後の横線は、くるっと書きます。「か」は、最後の線を遠くに書きましょう。「な」は、曲線を使います。ぐるんぐるん、と書きましょう。

 

まとめ

今回は、簡単な漢字とひらがなが多く使われている句でした。

ひらがなの部分はリズム良くペンを動かして、きれいな曲線を書くようにしましょう。

ひらがなは、漢字を省略して、ぐにゃぐにゃにしてできたものなので、楷書の漢字のようなピシッとした直線はほぼ使われていません。線を膨らませたり反らせたり、丸めたりして字を作っていきます。

きれいな曲線を書くには、リズム感です。止まる所はしっかり止まる。力を入れる所、抜く所にメリハリを作って書くとかっこいいひらがなになります★

 

次回は29回目☆いろいろな句をたくさん書いてみよう★↓↓

有名な俳句をきれいな行書で書いてみよう★手本・解説付㉙

 

-俳句で練習
-, , , , ,

Copyright© 書は宝物 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.