癖のない字が書きたい、名前をきれいに書きたい、大人な字に憧れる、字の勉強がしたい。一緒に勉強していきましょう★

書は宝物

書法

臨書って何?やってみたらものすごくおもしろい!

更新日:

臨書とは?

「書は臨書で始まり、臨書で終わる」とも言われています。

とても大切な書法の一つです。しかし、難しく考えることはありません。手本を見て、真似をして書いたことありますよね?書写の授業とかありましたよね?それが、臨書といえば臨書なのです。ただ、臨書しているぞーと意識を持つことが大切です。手本をよーーく見て、同じように書くぞ、と思って書くことが臨書の基本です。臨書には、その意識がとても大切なのです。

 臨書の中でも、3つの種類に分類されます。

臨書というと、だいたいが形臨のことを指すのがほとんどだと思います。なので、今回は形臨に重点をおいてお話していきます。

 

形臨とは?

形臨(けいりん)とは、簡単にいうと、見た目をまねて書く事。

形を見て、筆の使い方を模索して、同じような流れがでるように書く。

同じ形になるように、止める。はらう。はねる。余白の形も真似る。強弱、大きさ、太さ、細さを同じように書くことです。意識を集中させて、筆を置く位置、入り方の角度を同じにする。同じ強さ、太さ、細さで線を引っ張り、同じ位置で同じような止め方をする。

これを何回も繰り返して字にしていきます。

 

この作業が、集中できます。

「無」になれます。

あっという間に時間がたっていてビックリしてしまいます。

 

そして、いろいろなことに気付くことができます。この線って長く見えてじつはこんなにみじかかったんだーとか。次はだまされないぞー、とか。

そう思って何回か書いていると、だんだん作者の字の雰囲気に似てくる瞬間があるのです!

この作者はここを少し丸くすることで、こういう風に見えるようにしていたんだなーとか分かってくるのです。

 それに気が付いたときおもしろいです!!

 そしてこれが後々本当に役立ちます。上手に真似ができること。これは強みです。

 目からの情報が頭にいって、手に行くのですが、その間に、違った情報に変換されてしまったりもします。

集中力を鍛えて、書く手の指先まで、神経を届かせる感じです。

ほんとに「無」とはこのことか、と思うくらい、何も聞こえなくなってきたりもします。

ほんとおもしろいです!!

 

形臨はすぐに始められるので、おすすめです。

最近ですと、リラクゼーションにも写経がつかわれてたりもしますね。

座禅等とにたような効果があるようです。

 

 ネットに落ちてる手本とかでもいいし、写経を筆ペンで初めても。。。

 楷書から始めるのがおすすめです。

 

意臨とは?

意臨(いりん)とは、作品(手本)の作者の思いや、

時代背景も意識の中に入れて臨書する事。歴史や人物像も知らないといけません。

新たなお勉強が必要になりますが、歴史とか好きな方はより楽しめるのではないでしょうか。

背臨とは?

背臨(はいりん)とは、手本を見ないで、自分の記憶と意識で臨書する事。

なので、まず、手本を一度頭の中にインプットし、アウトプットするというちょっと違う種類の頭を使います。

大切なのは、手本からの読み取り、です。

字の形はもちろんのこと、どのような特徴、癖があるか。雰囲気。

読み取った頭の中の字を書くので、記憶が違っていたら違った字になってしまいます。かなりの集中力が必要になります。

同じように書いているつもりなのに、大きさも全然違ったりして。これは、まだまだかなりの修行が必要だ、と感じています。

 

まとめ

臨書は「書」の基本ともいえる大切な書法。

臨書には3種類ある。

形臨(けいりん)、意臨(いりん)、背臨(はいりん)。

形臨→同じ形、字になるように真似る

意臨→形臨に加えて、作者の想いも一緒に真似る

背臨→手本を見ずに、意識と記憶をもとに真似る

1番メジャーなのが形臨。

 

 臨書のすすめ

 自分で考えて創作したりするのは難しい時もあると思います。

でも、臨書は手本さえあればすぐにできます。筆でなくてもいいし、古典の手本でなくてもいいんです。

好きな字の好きな手本を見て臨書すればいいのです★お休みの日の午前中の1時間。無になる時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

百合蔵は形臨ばかりやっています。

なかなか思い通りに納得がいく臨書はまだまだです。書は奥が深く、終わりがないな、と思います。

 私はまだ修行が足りず、美句蔵が鳴きだすと、きになってしまう・・・

甘やかし百合蔵なので、美句蔵が寝ているすきを狙って1時間ほど書きます。

 稽古場で、書いてると2時間くらいあっという間です。

充実感、優雅な気分、すっきり感、リラックス、いろいろ味わえます。

 百合蔵の心を満たしてくれてます。感謝もできる時間です。

 ほんと、書は百合蔵にとってどんどん宝物になっていきます。

-書法
-, , , , ,

Copyright© 書は宝物 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.