癖のない字が書きたい、名前をきれいに書きたい、大人な字に憧れる、字の勉強がしたい。一緒に勉強していきましょう★

書は宝物

名前を上手に書く

毎日のように書く名前を綺麗な字で書けたらかっこいい★行書⑩

更新日:

こんにちは。

百合蔵と美句蔵です。

架空のお名前シリーズも10個になりました☆

もっと増やしたいと思います♪

ふうううう。がんばってにゃー

はじめに

同じ課題で、楷書もあります→★美文字で名前⑩楷書

楷書は横書き、行書は縦書きで書いています。

お名前なので、読めないと意味がないので、少しだけ崩して読みやすいようにしています。

楷書に近い字も多いと思いますが、行書の線の書き方、縦書きの練習にもなります。

男性バージョン

・那須川皇治

・前沢尚弥

・堀口敬司

女性バージョン

・阿部静香

・戸田杏

・朝倉珠李

今回この6名のお名前の漢字練習です。(架空の人物です)

 

■実践■練習■

那須川皇治

「那」は、線をやわらかくするのと、横線を繋げました。

「須」は、左側の3本線を繋げて書きましょう。「頁」は、最初の横線から、そのまま縦線まで繋げます。「目」の部分の最後の線から、「ハ」の最初に繋げます。

「川」は、今回大きく崩しました。縦線を点のように表現しています。

「皇」は横線同志、縦線からの横線等を繋げています。

「治」は、サンズイを繋げます。ツクリは、角をとって、やわらかく書いています。

 

前沢尚弥

「前」は、楷書同様に、右側の方が大きくなるようなイメージで書きます。最後の「リ」のような部分をリズムよく書いて最後ぐっと止めてはねます。

「沢」はサンズイを繋げて書いて、「尺」は、やわらかさと流れを作っています。

「尚」は、角を丸くしています。

「弥」のユミヘンは一筆で書きます。「小」の点をちょんちょん、と書いています。

 

堀口敬司

「堀」は、形は楷書とほぼ変わらないです。角を取ってやわらかく書いています。

「口」も、角を取っています。

「敬」は、左側は、はらうところを止めたり、口を崩しています。ツクリの方は、右のはらいを止めて次に向かっています。

「司」は、楷書だとカクカクさせましたが、行書の場合は、丸くします。

 

阿部静香

「阿」は、楷書とそんなに変わらないかと思います。線をやわらかくしました。

「部」は、つながりや流れを意識して書きました。

「静」の「青」は楷書よりも右上がりに書きました。線を繋げて勢いを付けています。

「香」は、字の中に「木」が入っています。「木」の行書の書法として、左右を止めて書きます。

左にすーとかいて、ぐっと止めたら、戻るようにして、ペンを軽く持ち上げます。そして、また右にすーと書いてぐっと止めて次の線に向かいます。この書き方の練習を次に出てくる字でも練習してみてください。結構使用する機会もあると思いますので、覚えてしまってくださいね★

 

戸田杏

「戸」は、最初の横線を点で表現しています。

「田」は、角を取って丸く書いています。

「杏」は、先ほどの「香」と同じように「木」が入っています。

 

朝倉珠李

「朝」は、左側は、あえて横線をいっぱい繋げてみました。「月」はあまり崩さなかったです。

「倉」の、屋根の部分は、「木」の時と同じように止めて書いています。

「珠」は、オウヘンを、ぐじゅぐじゅっと書いています。「朱」も左右のはらいを止めて書いています。

「李」の中の「木」も同じように書いています。「子」の最後はくるっとまとめるように書きました。

 

まとめ

今回のポイントは、「木」の書き方です。

左の線を書いた後に、少しもどってから右側の線を書くようにしましょう。

他にもいろいろなお名前の記事をUPしています。

たくさんの漢字をマスターしていってくださいね★

 

↓百合蔵と美句蔵をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村

-名前を上手に書く

Copyright© 書は宝物 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.